オルゴール 副題・カツミ 5 約束
6段(原稿用紙換算10枚)
トップへ 小説の目次へ 「オルゴール」の目次へ

オルゴール 副題・カツミ 5 約束 (1)

ん 君 ┐  ┐  ね ┐う   ┐ ┐ ┐  ┐ど ┐こ ┐元 ┐ ┐う   ┐  ┐  ┐            か は ぼ 彼 う 彼└ ど な 一 ご ひ そ 彼 俺 `ち と な 気 う で だ 彼 あ ぼ わ 声 今 二           の こ く は ん の   う 気 瞬 め ど う は の 君 が 馬 ん で ん ` °が `く か に 日 三           こ ん は 言 °顔   し が `ん い か く こ 見 う 鹿 じ て `今 ぼ 笑 ず ら っ 元 `日     5     と な 君 葉 実 か   た し 彼 °な も す と て よ に ゃ き も 日 く 顔 い は た 気 会 後           を に に を は ら   の た の ぼ あ ね り 珍 る °し そ た う は ら で ぶ あ `が え の     約     °心 何 止 そ 笑   ° °表 く└ └ と 獣 と 自 た り└ い ど は 話 ん の す な な 夕     束     何 配 も め う 顔   や   情 が     笑 か 元 分 で ゃ   い う な し 早 公 ぐ い い 方           で し し て な が   っ   に 悪     っ 何 気 で し °  ん し ん か か 園 行 °か `          °て て う ん 消   ぱ   深 か     た か で も ょ あ   だ た と け っ で く   な 彼           ぼ く あ つ だ え   り   刻 っ     °と て よ└ `  °の な て た 待└  └ か           く れ げ む└ る   ま   な た       勘 く く   ひ   君└ く き ね ち       ら           は る ら い   °  た   痛 よ       違 る わ   ど   に   歩 た└ 合       電           怖 °れ た       何   み└       い ん か   い   会   き °  わ       話           い こ な °      か   が         し だ ら   な   っ   出 意   せ       が           よ ん い         あ   よ         て└ な   °  た   し 外   を       来           °な °        っ   ぎ         な   い   ま   ら   た と   し       た           ぼ ぼ な         た   っ         い   ん   た   な   °元   た       °          く く の         ん   た        └   だ   俺   ん     気   °                  は な に         だ   よ             け   の   か     そ                                                                                            



オルゴール 副題・カツミ 5 約束 (2)

う 表 し   ┐が っ 脇   ┐  ┐の る だ ┐  が れ ま     避 て ┐  聞 君 な こ 自 し 心 自 今 解 情 げ ぼ 石 ら て の ぼ と 彼 あ を な ろ 怖 ぼ で だ れ 彼 一 け こ そ 言 か に こ と 分 ま が 分 ま 決 が な く 米 彼 黙 芝 く り は り 話 ん °い く き け た は 瞬 て な れ 葉 れ 話 と だ で っ け で で し ぼ メ の 君 が り 生 は あ 目 が し て 頼 こ は な な く い で し か に を る す に っ と て て や こ た く ロ 手 に 話 こ を 道 え を と な 水 り と す か ん な つ 解 ま っ `飲 と つ は て ら る き る ん と の デ が 言 し む ポ ば ず ふ う °臭 た な ぐ っ だ い も か う た ぼ み 話 も な `な ん た べ な ば 頭 ィ 止 っ 出 °ン た 座 せ└ あ す き ん に た °人 い っ ん °く こ し り っ ぼ く だ °き に か を ま て す ぼ ポ の ろ た   ん ぎ ゃ て 言 °だ 間 じ た だ 好 に ん て は て く て °で こ 人 り よ と っ い の く ン 芝 う °  ま る い な っ た か に め ° °き は で し な な が は 自 も と に 思 ぎ あ た い を は た 生└     り °く い た だ ら 避 ら   だ な い `ま か か し い 分 `は 心 っ っ の °か 待 目 た に       水 と ら よ °そ き け れ   か 人 つ 彼 い っ っ っ け で ぼ 全 配 て た ピ 一 ど つ に く 座       臭 り で °  れ っ ら て   ら は も は そ た た か な や く 部 さ た °エ 瞬 う °つ °り       い あ も 友   だ と れ た   怖 結 嫌 苦 う ん ん り い っ は 自 れ の 以 ロ `か   い 彼 `      と え 頼 達   け 友 て °  い 局 い し に だ だ し の た い 分 た だ 外 の 調 迷   た は 彼       俺 ず れ な   な 達 い だ   ん ぼ な げ な ° °て に こ ま で こ が だ 悲 子 っ   草 と を       も そ よ ら   ん ら た か   だ く 人 に っ な 今 い °と 君 や と °っ し 外 て   を な 見       怒 の °当   だ し °ら  └ の し 続 て の だ れ 石 の に る な   た そ れ る   抜 り 上       る 話 気 た   °い た 巻     こ か け い に っ ば 米 責 頼 よ い   °う に ん   き に げ       よ っ に り     友 だ き     と 寄 た る 君 て あ 君 任 っ う し   も な 楽 だ   な 座 て      └ て す 前     達 そ 込     を っ °└ に `ん の は て に `        └                                                            



オルゴール 副題・カツミ 5 約束 (3)

番 ん だ ┐っ   い ト 感 ┐  る っ つ に え あ い ┐  ん も 反 う 間 し し り 条 今 な ぼ こ 米 ┐ 考 な か も て そ う 心 で 彼 み か な 何 て `う 吉 ぼ だ そ 省 し に ま て つ 件 ま い く と 君 ぼ え の ら っ き ん 見 カ し も が て し ん で み そ か 田 く °ん し て し う 攻 め 反 で こ か が ┐く な 何 分 と た な 方 て い ぼ え て か ん な れ °君 は 本 な て も か °撃 て 射 の と ら あ 今 は き の 析 真 °彼 も も し じ く °ふ 気 な °が あ っ 頭 当 こ る 駄 わ た す し み こ は 離 っ ま 石 ゃ 役 な 面   を で そ ま め の ス ら 持 ヤ 吉 い て が に と み 目 か ぶ る ま た と わ れ た で 米 い に ん 目   見 き う う を 顔 ト れ ち ツ 田 い `優 痛 疲 言 た な ら ん 隙 う い は か な ら 悪 君 け も て に   て る `よ 男 を た 悪 の 君 と な し く れ え い ん な こ を °に そ っ い な い と な 立 し 考   い ん 納 °と し カ 男 り こ そ こ ん す な て な だ だ い の う 空 石 う て ん ん こ 縁 い た て え   て だ 得 納 女 げ が い と い な で ぎ っ し い か °気 気 か 気 米 か る だ で と を の な る て   `ね で 得 の し だ 未 よ 考 つ ん そ る て ま ん ら だ 持 持 が や 君 ん ん °も し 切 は い 場 よ   ぼ└ き し 関 げ よ 練 °え に だ う っ き う だ `け ち ち っ 物 見 た だ も 言 て り ど よ 合 °  く   る て 係 と そ が 女 ん 何 け な て た ん °か ど だ は て ま る ん け う っ た た う °じ 人   は   °し に 眺 い ま に の さ ど ん い °だ で わ 石 と や る で だ に ど 石 て か い や 吉 ゃ 事   ま   そ ま 例 め つ し ひ °れ さ だ う  └ も い 米 思 ら よ が け 消 `米 く ら ん っ 田 な じ   た   う う え て└ く ど そ て °ろ か     本 そ 君 う れ う ぼ で え 駄 君 れ 力 だ て 君 い ゃ   心   か も る い   す い れ た い う 甘     当 う は け た に く 神 な 目 に└ に ° そ が よ な   配   `の な る   が こ に °い ね い     に で 本 ど 側 感 を 経 い な 害 っ な で い 今 °い   に   そ °ん °  っ と そ な ` °っ     怖 と 当 °の じ 監 が ん ん 意 て れ も つ 一 そ ん   な   う ス て     て ば い の 考 ま て     い て に ど 人 て 視 張 だ だ が `る 石                                                           ° °       



オルゴール 副題・カツミ 5 約束 (4)

て た の わ う じ ┐ ┐ ┐ど ┐ン る 誰 す う 理 よ ┐  ┐  ま っ っ ゅ い 俺 だ ┐ ┐な 今 変 を た ら 言 せ っ ゃ そ ど 無 う 無 カ こ と ご と し °信 ぼ 君 彼 で た た う っ そ っ 俺 そ る の わ 追 ん `っ よ て な の ん 理 し 理 し と も い し て 一 じ く が が ず ん か し つ の た が う よ ま れ っ だ こ た う 感 い 人 な は た し だ し 話 疲 て 冗 人 ら は 暗 驚 い だ ら て も 頃 奴 そ な└ ま な 払 け れ こ 笑 じ か は ひ や の て し か せ れ み 談 で ん 笑 い い ぶ °自 た ふ す `う の   じ い う ど が と わ か っ ね と め└ た た で な る た 言 悩 な っ ひ た ん ま 分 °て ご 登 だ か   ゃ ん か `ウ 学 せ な て `└ て   反└ き く ん り っ ん い た と よ か あ を で く い 校 っ な   そ だ な だ ケ 校 よ °人 冗   `  動   な な だ `て で で °だ う か `変 も さ 暗 拒 た└   い °の ん る で う い で 談   い   が   く っ °で み 難 し   っ に っ 自 え 二 れ い 否 ん     つ そ ° だ ん 言 っ っ `か   と   き   な た 半 も た し ょ   た ぼ た 分 た 度 て 奴 に だ     反 い い ん だ っ て つ 口 ギ   こ   た   っ °年 そ り い °  の く け で ん と て だ さ よ     動 つ い 自 °て し も を ャ   の   ん   て 誰 ぐ ん `本 す   °を ど そ だ 同 `っ せ °    で み ` 信 最 み て 変 開 グ   兄   だ   `見 ら な 人 読 っ   信 見 さ の °じ ケ た て 俺     前 た 人 が 初 た ん な く し   貴   ね   狂 て い こ に ん ご   じ て└ 気 明 思 ン ん し `    よ い は つ は ん の こ と か   の   °  っ も し と 合 で い   ら い   持 る い カ だ ま 親     り な そ い 小 だ °と 必 言   ま   そ   た に て や わ み 大   れ る   ち い し も °っ 友     ひ 奴 う て 出 よ で し ず わ   ね   れ   よ ら ね っ せ た 変   な °  に 人 た し 無 た の     ど は 簡 き し ° `て 誰 な   を   か   う み `て て り だ   い     気 間 く ょ 愛 で つ     い 特 単 て に そ 兄 人 か い   し   ら   に つ 突 る 笑 `っ  └     づ に な っ 想 し も     奴 に に 自 し し 貴 笑 笑 ん   た   `  ケ け 然 と お 無 た         く な か ち で ょ り     に ね は                └                                       °        ° 



オルゴール 副題・カツミ 5 約束 (5)

り う 入 つ だ ん く ん に な ┐  で 迷 が ょ ┐  何 り ┐き う ┐プ お 分 い る た な い 人 れ 分 だ ち す の か な な だ 自 い で ぼ も 惑 吉 °そ 彼 で 消 そ て と で ラ ま に つ っ け っ つ が が の よ の る た ら 吉 っ °分 だ も く 言 か 田 自 う は 吉 す う る 努 も イ け ね は て ど て の 笑 笑 考 °高 で め 吉 田 て そ の け さ は っ け 君 分 で 言 田 よ だ °力 `ド に °元 の ね た ま う っ え 吉 校 も に 田 君 は れ 気 か `ひ て て か に し 葉 君 °よ だ し 石 捨 プ そ に は ° °に と て た 田 来 し も 君 み じ に 持 も も と く た ら 言 ょ に か そ な か て 米 て ラ う 戻 そ わ で か こ く こ 君 な て °は た め ね ち し し 息 れ か 離 い °詰 ら れ °ら る 君 て イ い る れ か も 俺 っ れ と ぐ よ °で そ い て `を れ か つ└ ら れ 訳 そ ま 離 は ん そ °は 初 ド う よ く る そ 誰 ち る も ら °そ き い に 一 昔 言 な し く っ 力 た し の っ れ い ん プ 今 め も 奴 °ら `う と ま ん ま い バ う な つ 強 人 の わ い て °て に く て 時 て よ い `な ラ プ て 高 は 言 い 二 な で で だ ぜ 頭 カ だ い か い で 俺 な °そ  └ な な 逃 点 し う や じ こ イ ラ 変 い 駄 い 大 年 る も 楽 °て 良 だ `な ら わ 歩 も き だ い     れ い げ で ま と °ゃ と ド イ わ °目 訳 変 以 ま 笑 し 自 み か け い ら 離 け き 甘 ゃ か つ     る か て も っ し で `は は ド れ 絶 だ が な 上 で 顔 く 分 た っ ど い ほ れ じ 出 え い ら 本     こ ら る う た な も さ な 捨 を た 望 よ う こ だ 二 で な の の た い こ か な ゃ せ る け 吉 当     と っ で 甘 °い さ っ い て 捨 ん 的 °ま と よ 年 話 っ 言 よ ら い と の き な た 相 な 田 に     が て し え   の `き と る て だ だ す い な °以 せ て っ ° 編 奴 考 高 ゃ い ん 手 い 君 わ     あ ┐ょ て  └ そ の 思 こ て か よ ぐ か ん 人 上 る く た し 入 ば え 校 °ん だ が と は か     れ 今 °る     い 言 う と 変 ら °逃 ら だ が か よ る こ た 先 っ た に そ だ °い 思 正 っ     ば ま 自 で     つ 葉└ が わ└ 俺 げ ` °変 か う し と ら 選 か °編 い °み な う 直 て     何 で 分 し     は 取   で ろ   も る 自 そ わ っ に °で こ                                                     °               



オルゴール 副題・カツミ 5 約束 (6)

                  吉   か 一 い い ら ┐て       い な 身 こ 自 ば ┐    い に で ん び                 ぼ 田 ぼ ら 生 ん か は ぼ `彼 し い つ い に と 分 っ 笑 ぼ 彼 い °も だ 放                 く 君 く 約 誰 だ な ぼ く 静 は か つ ブ か も 考 は か っ く は く 本 い よ 題                 は か は 束 か ° °く は か し し の ン °な え 自 考 て は 淋 ら 当 い °で                 `と は し に こ ぼ に 言 に ば 彼 ま 殴 お れ れ 分 え な 思 し い だ└ ┐し                 約 い っ て 頼 こ く 連 う 口 ら に に っ ま よ る で て い わ く だ っ お 石 ょ                 束 う と も っ で は 絡 よ を く 隠 か て え °余 守 `で ず 笑 よ た ま 米 °                 し ほ し ら て 人 こ し °ひ 黙 す 目 言 が 心 裕 れ 何 真 ど っ└ ら け 君 そ                 た ど た い し の れ な そ ら っ 必 か い 言 配 あ よ で 面 な て   そ に か れ                 °力 °た ま 手 以 い の い て 要 ら 聞 え で ん °自 目 っ 目   い 頭 ら に                   強 そ い う を 上 っ か た ぼ は 涙 か な 心 の 吉 分 に て を   つ 痛 離 吉                   く の└ よ 借 君 て わ °く な が せ い 配 か 田 の 考 い そ   に や れ 田                   見 表   う り の 約 り   を か あ て ん で よ 君 こ え た ら   賠 耳 ら 君                   え 情   な た 手 束 `  見 っ ふ や だ た °に と ろ °す   償 鳴 れ は                   た は   気 ら を し し   て た れ る っ ま な そ 考 よ   °  金 り る こ                   °こ   が `借 て ば   い °出└ た ら い ん え °      も ま ん う                     れ   す こ り も ら   た   し   ら な よ な な 人       ら で な 言                     が   る れ た ら く   °  て   俺 い °に い の       っ °ら っ                     あ   °か く え 君   そ   い   が じ 俺 人 ん こ       て な 死 て                     の   だ ら な な か   し   た   そ ゃ の の だ と       も の ん た                                         °          °               

トップへ 小説の目次へ 「オルゴール」の目次へ ページの先頭へ 「6 いつかアンデルセンのように」

 縦書では(『)が表示できないため(『)とすべきところも(「)で表示しています。ご容赦下さい。