8段(原稿用紙換算14枚)
トップへ 小説の目次へ 「オルゴール」の目次へ

オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (1)

に へ   だ ぼ 達 過 の   が           な た な は 割 か 部       な て   話             手 行 す ろ く が ぎ 日 時 自 あ あ 涙 悲 葬 か め い 無 っ っ 屋 ぼ 頭 何 っ い ぼ が し           紙 っ こ う は 死 て 々 間 分 ま ま も し 式 っ に と 意 て て に く は で て た く あ ば           を て し か 彼 ん い を は の り り 出 い に た そ こ 識 芽 い 戻 は そ お い °は っ ら     6     渡 み 日 °の で っ す 今 身 に に な と は °ん ろ の 吹 る っ 数 の 母 た 最 め た く           さ た を   こ も て ご ま の も も か も 行   な に う く °た 学 知 さ の 近 ず °し     い     れ °お   と 悲 も し で ま 現 突 っ 思 か   こ し ち 緑 壁 °の ら ん だ 彼 ら   た     つ     た 彼 い   を し 何 た 通 わ 実 然 た わ な   と ま に °に 足 宿 せ な °の し   あ     か     °が て   友 く も °り り 味 だ °な か   を い 二 そ は の 題 を の   影 く   る     ア       い `  達 な 変 一 流 で が っ   か っ   し こ 枚 し 彼 踏 を 受 だ   響 数   日     ン       な 確   と い ら 日 れ 起 な た   っ た   て ん と て の み 終 け ろ   で 学   `    デ       い か   も ら な が `こ か °  た °  い で も 幸 描 場 わ つ う   少 の   彼     ル       °め   思 し か た ぼ る っ     °    る い は せ い も ら け と   し 宿   の     セ       か る   っ い っ ち く は た           の た ず の た な せ な 思   勉 題   お     ン       わ よ   て °た `は ず °          か °し か 水 い よ か っ   強 に   母     の       り う   な そ °二 相 は こ           よ 自 て け 彩 ほ う っ た   す 頭   さ     よ       に に   か れ 大 日 変 な ん           く 分 目 ら 画 ど と た °  る を   ん     う       彼 彼   っ と 切 三 わ か な           わ が に ° `に 自 °    よ 悩   か     に       の の   た も な 日 ら っ こ           か 何 付 ぼ 岩 散 分       う ま   ら             母 家   の `友 と ず た と           ら の か く を ら の       に せ   電                             °                                                 



オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (2)

れ え か を   彼 以 と じ 疲 に い ち   ま そ し し に っ 一 た 頃   っ     は だ     な が 淡   る れ っ 持 で が 外 以 `れ い る 直 で し ん た `戻 た 緒 ° `ま て あ   別 け ま   字 薄 い ぼ ば ば た っ も 豹 で 外 た `た 彼 ろ も た な °彼 る の に 彼 迷 だ ま な   に は ず   が 緑 紅 く か 考 と て `変 き 何 だ 緊 だ の う ` °自 一 は な で い は い 彼 せ た   書 絶 お   な の 色 の り え 思 さ 僕 し る も た 張 け た と 僕 ぼ 分 瞬 す ど す る 心 ま が ん の   い 対 願   ら 便 の 名 な る い え が て こ 考 だ し の め 必 に く を で ぐ ` °苦 か し 正 で `  て に い   ん 箋 薄 前 の ほ ま い し し と え 彼 `僕 `死 ど は 痛 も に 想 あ 痛 ら た 気 し 言   あ 見 し   で に 紙 が で ど す れ っ ま は ら の 吐 に 請 に う 彼 め 認 話 像 の に 反 °で た っ   り せ ま   い `で 書 す 自 °ば か っ 何 れ そ き °わ 頑 し の つ め を も 時 耐 省 で い °た   ま な す   た 左 封 か °分 で こ り て も な ば そ 彼 れ 張 ろ 痛 け た 聞 で の え し も た   通   す い °  °肩 さ れ 自 の も ん し は な く か う の る り と み る 自 く き 彼 な て 約 頃   り   °で こ     の れ た 信 未 `な て °か な ら な 顔 ま な い が よ 分 耳 ま を く い 束 `  で     く の     下 て 真 な 熟 知 こ さ   っ る 離 ほ を ま が う 直 う を を せ 見 て た は ま   し     だ 手     が い っ ど さ れ と え   た 僕 れ ど 見 に ら の 接 に 許 持 ん た は の 守 だ   た     さ 紙     っ た 白 持 を ば に い   の に た の る 我 慰 で 心 `せ た で 僕 い で れ 反   °    い は     た °な て 思 知 は れ   で °い 嫌 だ 慢 め し に 僕 な な し に け `ま 省   一     °僕     小 縦 厚 る い る な ば   す 彼 と 悪 け し を ょ 痛 に い く た は な 僕 せ し   週     両 の     さ 書 い わ 知 ほ っ `  °を い 感 で て 求 う く あ よ な °彼 い は ん て   間     親 両     い き 封 け ら ど て 自   そ 許 う を 怯 そ め °て た う り し が と 彼 で い   も     宛 親     奇 の 筒 が さ 考 な 信   の す こ 感 え ば て 立 °り に ま か 元 思 と し た   た     に に     麗 罫 は                     `          `                                   



オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (3)

に   い 必 よ が 刷 は 変   ら 策 し 傷   た 尊 重 の で で   る 人 僕 と   こ 実 あ 下 を と の な は 正 く 要 う か り な え そ れ└ た つ そ の 重 す で 全 し で よ の の 人 実 こ 生 り す 見 ん で い 僕 し °な に か 込 り る れ や ま °け う で す る す て た も う 短 人 を 生 で 活 ま と 下 ど す の は い こ 環 少 ろ ま づ こ は す で そ ず `す る こ °を °今 に 所 を 見 活 堂 に す い す の °で 自 間 れ 境 し う れ ら と ┐い 見 し に 僕 °よ と そ 包 人 に し に 見 下 で 々 お °う と 人 こ す 分 違 が な ず と た い└ 自 僕 つ て 解 は 自 う が う み の な て は る し は 巡 い 明 こ 自 が の ° を っ ┐ら つ `怯 °で 信 の け ┐決 あ 信 に で す 込 長 っ い 目 目 て 落 り て ら と 分 僕 考 そ 変 て 根 ば 少 何 え 自 す を よ る 再 す な が 自 き れ む 所 て た を は し 伍 に 僕 か は の よ え の え る 本 偽 し 度 を 分 °持 う こ 発 る た 持 分 て ば よ も わ の つ 曇 ま 者 お は に 自 成 り を た な は 的 悪 ず 挫 克 に 自 つ な と の 方 に て の い ど う 短 か で む っ い だ ち 落 間 分 長 未 人 め く 関 解 も つ 折 服 自 信 こ 人 が 防 法 ┐て 個 た ん に 所 り す り て そ と い 伍 違 を が 熟 に 僕 て 係 決 少 自 し す 信 を と 間 で 止└ 暴 い 性 の な 人 も ま ° `ま う い っ 者 っ お 止 に 当 は は な└ し 分 よ る を 持└ の き 方 を 力 た も で 人 を し す   人 し に う て で て と ま な て 何 い く だ ず を う °持 て で °ま└ 教 を の 尊 す も 見 っ °  の た な の ま す ま し り り は も け `っ つ 変 と ど っ れ す   し ┐え 使 で 重 °個 る か こ   長 °る に し °す め ま ま め 言 な 生 た 身 え °ん た ば °  た 根 て わ す で 人 性 べ り れ   所 僕 ° `た 僕 °る す す た え か き の に て あ な 上 被 ┐  °本 も ず °き の と き と は   だ は そ 油 °は そ こ ° °な な っ る で つ い な に で 害 自   い 的 ら `  て 個 し だ 見 間   け ず の 断   い の と 人 で ら く た た す け く た 時 心 者 分   じ 解 い 誰   て 性 て っ た 違   を っ た す   つ 上 で を も `な の め °て °の 間 に に を   め 決 ま も   い を 尊 た 上 い   見 と め る   も `も 見 人 ほ る                                                                      



オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (4)

鳴 た 詩 ず   の く で ┐も き 納 い 殺 け 早   僕 上   ど を っ だ も す な   き 今 の ボ     で で も は い 便 で て す 一 の ま 得 て と で く 仏 は に そ い 殺 た か り °た 僕 っ 正 よ ロ で 固 す し の 全 ぶ 箋 す は か 体 元 す で 責 い 地 死 教 ま °の 事 す °ら で あ に が と 気 う ボ も い ° た は て ん の か い °僕 か °き め う 獄 に で だ 毎 上 ば た 口└ し の 話 弱 `を に ロ `岩 そ °詩 焼 前 間 °け 何 が ら も ま ら ┐も た は 耐 日 `か め 封 と た 時 し い あ 保 崩 に 遅 を う こ で 却 に に も な 故 ど 無 っ す れ 罪 僕 い 自 え `解 り で じ ° °僕 た だ な っ れ な す 割 ┐ ん は し 書 `う い こ ん い と °る を に °殺 な 毎 放 さ し を そ ┐は 時 け た て て っ ぎ っ 生 な あ ま い 小 僕 の れ な と も 永└ 犯 と 地 す く 日 さ れ ょ 考 れ ど ピ は な の い い て ま て き も り し た さ に で ほ 重 し `遠 の し っ 獄 る て `れ て う え で う エ ず の お ら っ い し 芽 る の ま た 散 な は す ど 大 か 葬 に は た て に と は 夢 た い `て も せ ロ い で か れ て ま た を た で せ °文 紙 耐 か ま な 思 式 責 い た は は 地 い に と ま 人 で 話 こ に ぶ し げ る い す °出 め は ん 僕 の 切 え °で 罪 え 仏 め じ め 天 彼 獄 け ま 安 し に し せ の な ん ょ だ こ ま °も す└ な で の 切 れ ら 一 に を ま 教 ら め に 国 が 行 な で 心 た 言 ょ な 人 っ 控 う と と す 弾 う 雑 に く し 今 れ を れ 体 人 犯 せ の れ な 自 で い き い 毎 し か え う い も て え か 思 が °力 僕 草 は 同 た ま 端 見 な い に し ん 僕 よ ど 分 す な だ の 日 た ら な `事 離 全 目 °い 不 正 を は の ° じ °で の つ い つ 責 た が に う よ の °い と で °途 °い 自 の れ て だ そ ま 思 直 失 `よ   苦 た 書 よ け└ ま め と °は と り 責 そ °聞 し こ 端   よ 分 方 て を っ れ す 議 な っ 僕 う   し だ い う ま   で ら い   そ 納 よ 任 れ そ き ょ の `  う の が い 話 た で °で と た の に   み の て で し   続 れ う   ん 得 ほ に に れ ま う 上 前   な 良 多 く す の も   す こ ゴ 心 強   に 悲 い す た   く な の   な で ど お 自 だ す か `以   ひ 心 か の つ で あ   °ろ ム は く         ° °                      ° °                        `    ° 



オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (5)

分   な 理     な た れ あ         と う の   す っ   ひ け   に 離 か ん る だ 彼 わ   を 死 ば 毎 か 解 文   ら °ま な さ 彼 彼 だ 僕 よ 順 で よ た で ど た も も れ っ ど 以 っ に か 今 描 の か 日 っ で 章   °本 し た よ は は か ら り 番 も ね こ も す か う °な て ん 上 た と り 考 き う り つ た き の   い 当 た は う 本 本 ら は 早 が ` °と `ぎ 不 終   く い エ に よ っ ま え た と な け °な 上   つ に °絶 な 当 当 彼 仲 く 狂 彼 も な 僕 て 安 わ   て て ス ┐う て す て か し く て   か を   ま あ あ 望 ら に に を の あ っ を う い は も で り   は も カ 依 で は °み っ て な た   っ 目   で り の し °寂 苦 許 い な て 許 `ん 今 う す に   い 手 レ 存 す ┐僕 る た い っ は   た が   も が 数 て ど し し し い た い し 僕 で ま 確 °し   け が └ °麻 に と °る て ず   °上   お と 日 い う か ん て 友 に た て は す で 認 で ま   な の ト し 彼 薬 は あ 彼 人 い の   読 滑   元 う 間 た か っ で あ 達 出 だ く 楽 °一 す も す   か び し す は└ 何 な の た た 彼   み り   気 ご `僕 `た い げ に 会 け だ に 一 度 る ` °  っ る て ぎ 僕 や も た よ ち ら の   終 す   で ざ 僕 に い の た て な え な さ な 度 も ゆ 頭 脈   た °し て や ┐わ の う を し 日   わ る   °い は ┐つ で の く れ て の い り ぐ わ と が 絡   の だ ま い 彼 薬 か 言 な 救 い 記   っ ば     ま 本 夢 ま す で だ て い で °た ら が り 痛 の   で か う た 本└ っ っ 人 え °は   て か     し 当└ で か す さ い た す 僕 い い ま が す あ   す ら °よ 人 の て て た る   `  も り     た に を も ら か い た な °達 ん は ま あ ぎ る   °僕 駄 う が よ な い ち よ   こ   ピ で     °幸 見 お °ら °の ら 彼 は で 許 な り て 文   彼 は 目 で 考 う か た も う   こ   ン 意     さ せ せ 元   °  で `に 出 す さ ん ま 騒 章   の 彼 だ す え な っ こ 含 な   二   と 味     よ で て 気       す き 出 会 °れ て せ 音 が   た か と °て も た と め も   年   来 が     う し く で       °っ 会 い   ま 言 ん が 書   め ら わ ど い の °が て の                     °                    °                      ° 



オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (6)

で     っ     る っ 手 た       オ   砕   ┐れ く う と 単 ち し   し   と     チ   ら   俺 こ ぼ た ぼ な で た を °そ こ 明 ル 彼 い あ こ て `な 自 に の た も た ぼ 陰 そ そ 嘘 な あ に ん く が く ん 嘘 °ふ ほ う れ る ゴ 女 た ま れ る 早 こ 分 で 彼└ う °く で う の プ だ く の 言 な は 現 は で み ふ れ お 思 が い は °り を つ く と を き の と す   は ぼ だ 時 な ろ な 大 っ に `実 や 今 た い て を っ 現 色 ル 彼   に も も 出 だ 重 る 家 出 ぐ   思 く `ぼ 話 `っ き て `泣 だ っ 頃 い て み 何 た 実 の を の   も ら り て °ね °な て 彼   わ を 本 く だ お た な く こ い っ と に に も る か と な `ぼ 一   痛 っ な く ち る オ ら く が   ず 見 当 は °涙 ら オ れ ん た た 理 な 涙 ふ と が た ん 安 く 番   々 て ん り ょ な ル こ る あ   う て は 気 こ ち し ル な な ° °解 っ が い ぬ つ ん だ っ の 大   し や だ ゃ っ ん ゴ ん に の   れ く 彼 が ん ょ い ゴ か に   彼 し て あ て れ た ` °ぽ 前 切   い っ ろ い と て な 違 さ   し す は つ な う ° っ つ   は た °ふ も て っ ぽ   い に に   声 て °い 悪 `ル こ い さ   く く 生 い の だ   ル た ら   ` °  れ 止 い た た   平 お し   が く   の 趣 い の と な や   な す き た 現 い   は ん か   も 信   出 ま る 感 り   た い て   ぼ だ   に 味 か 鳴 や い き   っ 笑 て °実 の   彼 だ っ   う じ   し ら °覚 `  い た た   く さ   °だ に ら ろ の 声   て っ い   な ド   が °た   い た   て な あ が と   木 °あ   の い   い け も な う だ で   そ て る   訳 ラ   死 俺 ん   な く   い か わ 残 何   箱   の   考└   つ ど 彼 く と か ┐  わ ん ん   が マ   ん は な   い な   た っ て っ か   °  デ   え     ま °の な 思 ら び   そ だ だ   な み   だ `ら   ん ど   °た て て が       ィ   を     で ま 考 っ え °っ   わ ° °  い た   後 俺 `  だ な     °ぬ い 落       ス   打     か っ え た ば 金 く   し   き   °い   ` は 何   °か     ま ぐ た ち       ク   ち     く た そ の 簡 持 り   だ   っ     な   鳴                   °                                                 



オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (7)

  し   れ い は た お 底   ば   に 彼   当 る か 表 ┐  番 ┐る し   っ 米 が   に そ だ   お 石 よ し て れ な か け 的 最 ら ぼ 漬 女 我 に い `情 あ 彼 喜 克 べ よ や た と 信 そ す ん °自 ま 米 う か い ば か も ば に 初 く く か の 慢 お 表 い を な の ぶ 己 き う っ に い 念 う ん な 信 分 え が と し た 彼 っ し よ や に 顔 は っ 手 で 世 情 つ 見 た 母 と も だ な ぱ ち う を 考 で も 念 の の ` ` `か も た れ か っ 話 を 彼 た に き 話 を も せ の の 思 `っ ん り が 奴 持 え い の な ┐友 石 も も も い °な っ て を あ 女 よ し ず に 見 何 て こ 声 い あ た て `い が っ な た 持 ん 命 達 米 う う し つ 生 い た 彼 聞 げ に う た `な せ か く と が ま な ん 無 優 な ┐て が ん っ て└ じ と 手 手 れ か き が °に い る 申 に 上 最 り な 考 れ を 聞 す た だ 謀 し い か い ら だ て 捨 と ゃ い 遅 遅 な ア て `そ 手 た こ し 濡 品 後 ま く え ま 話 こ└ に °だ す の わ な ぼ °な て ┐な う れ れ い ン さ 少 う を と と 訳 れ な は し な て し す え   持   っ ぎ だ い か く   か ち 信 か 奴 な な の デ え な す 出 き が な て 柄 声 た っ る た と る   っ   た る か そ っ に   っ ま 念 っ が ん ん に ル い く れ せ に で く し の に└ て 様 °き °  て   ん お ら う た は   た え└ た 彼 だ だ °セ れ と ば な 石 き て ま ハ な   い 子 い だ     い   だ ま °だ と わ   ら ば ど の の ° °  ン ば も 彼 い 米 な `っ ン っ   ま で つ け     て   °え  └ し か   お 良 っ か 優   ど   の `彼 に よ と か 悔 た カ て   し `か 克     も   人 が   と て っ   ま か ち ° し   ん   よ 生 が 嫌 う い っ し °チ な   た ほ ら 己     ら   の 一   `も て   え っ が   さ   な   う き 死 わ に う た く   は か   の と で は     う   力 人   言 `い   は た 大   を   に   に て ぬ れ 脅 奴 °て   す っ   に ん し 明     の   を で   わ 彼 た   死 ん 事   `  後   報 さ こ て し を   `  ぐ た   °ど ょ る     を   借 解   な は °  な だ な   命   悔   わ え と い て 徹   し   水 °  本 明 う い     一   り 決   か 石 彼   ず °ん                                                                        



オルゴール 副題・カツミ 6 いつかアンデルセンのように (8)

    て と   音 す   わ   か   善 て た   の   初 て る そ そ い っ   に う     を 生 い   を     帰 `彼 な か 彼 か ぼ も ぼ と た と 彼 意 彼 め い か う の じ 越 で °の 彼 ぼ ご き い 一 食     っ あ の ん な は っ く し く 無 卑 た の 思 の て た ら だ 理 め し も   に は く ま る °生 い     た の お て 音 ま た と れ に 責 怯 ん 死 だ 遺 そ ら└ °由 て の `  ° `も か こ そ 自 潰     °小 母 響 を だ °出 な も 任 者 彼 の か 書 れ し ┐そ を い 準 石   絶 も `す と れ 分 し       さ さ か た 静   会 い `の 達 の 原 ら は を い か れ 教 た 備 米   対 う 同 こ が で の た       な ん せ て か   っ °彼 言 が 死 因 °誰 知 °わ ま 師 人 を は   に 苦 じ と で も 犯 ん       手 に た な に   た で の 葉 `は は 彼 に っ 石 い で に 間 し 泣   救 し な も き 足 し だ       ま デ く が 生   こ も こ を 当 汚 誰 は も て 米 そ は 話 に て い   わ む ん 癒 る り た °       わ ィ な ら き   ろ °と 口 事 さ に 石 見 `は う 彼 さ や い て   れ こ だ す の な 罪         し ス か °て   の   を 々 者 れ も 米 せ 泣 彼 だ が な ら た い   る と °こ だ い の         オ ク っ 決 い   彼   語 に で る 知 を は い が か ┐か れ °た   こ す   と ° °重         ル オ た し た   の   る わ な の ら 許 し て 死 ら 自 っ た か °  と ら   も 生 苦 さ         ゴ ル ん て か   気   資 め い だ せ し な い ん└ 分 た ら つ 包   は も   で き し に   お     ゴ だ 割 っ   持   格 き も °な た い た だ と で た し て 帯   な で   き て み 苦   わ     ル °れ た   ち   な 出 の い い の ° °後 必 な め い 学 だ   い き   る い な し   り     を ル   た ん   が   ど す 特 つ °だ そ   に 死 ん 停 °校 ら   と な   の れ が み         も を   大 だ   や   な か 有 も 知 か れ   な に と 学 彼 で け   い い   だ ば ら 抜         ら 返   き °  っ   い ら の 逃 ら ら が   っ 止 か 中 ら 彼 で   う と   °そ で け         っ す   な か   と   の °偽 げ れ °彼   て め す だ は を 引   の い     れ も ば                                                                        

トップへ 小説の目次へ 「オルゴール」の目次へ ページの先頭へ

 縦書では(『)が表示できないため(『)とすべきところも(「)で表示しています。ご容赦下さい。