トップへ 小説の目次へ 「オルゴール」の目次へ

あとがき(1)

 張 き た し テ さ く 週 ク   二 本 こ   く 教 と か   り 投 と ら に 悲 た   す あ て い         
 る ま め か  せ れ 間 ラ 細 組 大 の そ だ 科  `れ 私  `稿 激 は も 鳴 少 だ  °り し つ 私       
 こ し  `し マ る ま と ス か の 学 小 し さ 書 読 る は 挫 し し 死 っ が 年 か   た ま も は       
 と た 自 感 を こ し い に く 生 学 説 て っ に 書 こ こ け て い な と 心 少 ら   い う 声 小   あ   
 が  °分 動 扱 と た う 一 字 徒 園 を  `た 載 感 と の そ 落 無 な 才 に 女 私   と  `の 説   と   
 で 辛 に し う が  °短 部 の 達 高 読 こ 方 る 想  `本 う さ 力 く 能 痛 の は   思 そ 大 家   が   
 き い は  `資 で 現 い ず 詰 に 等 ん の に こ 文 中 が に れ 感 て が く ニ 書   っ ん き で   き   
 ま 時  ┐泣 格 き 場 実 つ ま 感 学 で 場 は と の 高 売 な る  `す あ て ュ い   て な な は       
 し に 書 い は な の 習 し っ 謝 校 く を わ を 指 の れ り た 罪 ん っ  ` て   い 少 強 あ       
 た も く て な か 高 期 か た し 特 れ 借 か 望 定 学 る な び 悪 で た 痛 ス き   る 年 者 り       
  °認 資 く い っ 校 間 渡 読 ま 別 た り る み 図 校 こ が  `感 い な く が ま   た 少 に ま       
 本 め 格 れ と た 生 の さ み す 進 平 ま と ま 書 図 と ら 何 に た ら て 流 し   だ 女 そ せ       
 当 ら が さ 思 な で 間 な づ  °学 成 し 思 す に 書 よ  °度 さ か  ` `れ た   の の の ん       
 に れ あ え っ ら あ に か ら   ク 八 て い  °指 館 り   も い も も 痛 る  °  元 気 声  °      
 感 な る ま て  `る 回 っ い   ラ 年  `ま そ 定 に  `  歯 な し し す た T   自 持 を 声       
 謝 い└  し い 自 君 し た コ   ス 度 教 す れ さ 置 図   を ま れ か ぎ び V   殺 の か が       
 し 時 と た ま 分 達 読 の ピ   二 の 育  °は れ か 書   食 れ な し て  `で   未 代 き 小       
 ま に 確  °し に を み に    年 宮 実   読 る れ 館   い な い た  ┐彼 自   遂 弁 消 さ       
 す も 信 そ た こ 感 し  `を   一 崎 習   ん こ る に   し が の ら 自 ら 殺   者 者 さ く       
  °頑 で の  °の 動 て 二 一   組 日 で   で と こ 置   ば ら に 彼 分 の し   で で れ  `      
                                  `         °└ 
あとがき(2)


             題   れ な   を 右 て   を と 熟 授 加 っ   意 時 辛 競 の ィ し 君 た と し     
             に 最 な ど あ 読 に の ま 借 が で 紅 藤 て ま を  `い い 川 ・ た  `写 り て ま   
             自 後 か と な ん 挙 方 た り で 非 野 宗 ご た 表 非 時 合 路 ラ バ 平 真 わ い た   
             殺 に っ い た で げ の  `ま き 才 謙 哉 意  `し 常  `う 君 ・ ン 成 家 け た  `  
             し 詩 た う 方 感 た お 二 し ず な 介 先 見 お ま に 挫 友  `ヴ ド 十 志 第 五 小   
             て を と 言 の 想 方 名 百 て 申 た 先 生 を 忙 す 励 け と そ ィ  ┐三 望 二 年 説   
             い 一 思 葉  ┐を 以 前 人 感 し め 生  `く し  °み そ し れ└  C 年 の 十 間 家   
             っ つ い が 感 く 外 を 以 謝 訳  ` `日 だ い   に う て ぞ の ’ 一 山 四  `に   
             た  `ま な 動 だ で あ 上 と あ ご 詩 本 さ 中   な な 君 れ ボ e 月 田 回 ぼ な   
             多 挽 す く し さ 出 げ と 謝 り 意 人 大 っ こ   り 時 達 ジ  s に 英 写 く る   
             く 歌  °て ま っ 版 る 数 罪 ま 見 北 学 た の   ま  `の ャ カ t イ 人 真 を と   
             の と 本 は し た 決 こ が の せ を 沢 文 三 小   し 家 頑 ン ル   ン 君 新 支 家   
             仲 し 当 私 た 方 定 と 多 意 ん 有 真 理 田 説   た 族 張 ル の l デ  `世 え を   
             間 て に は└  々 の は す を で 効 人 学 文 を    °が っ は 鶴 a ィ 画 紀 て 飛   
             達 今 感 こ  ┐に 前 で ぎ 表 し に さ 部 学 読   こ 恋 て 違 田    家 佳 く び   
             に ま 謝 こ 泣 感 に き る し た 活 ん 国 編 ん   こ し い う 君 v ズ 志 作 れ 出   
             捧 で し ま き 謝 こ ま た ま  °用  `文 集 で   に く る け  `i デ 望 に た し   
             げ 同 ま で ま し の せ め す こ す 私 学 長 く   感 な 姿 れ ギ e ビ の 選 友  `  
             ま じ す 頑 し ま 小 ん  ` °の る が 科 作 だ   謝 っ は ど タ / ュ 榎 ば 人 失   
             す 問  °張 た す 説 が 全   場 こ 未 教 家 さ   の た  ` ` 木 れ 達 踪   
              °     └   °   `                                     `    

あとがき(3)


                                                                       
 凍   凍 魂 金 輝 凍 凍 太 足 空 持 自 金 凍   凍 危 空 持 冷 固 凍 冷 静 慄 孤 巌 強 孤 蒼 凍       
 り   え を 色 け え え く 首 し て 由 色 え   え う し て た く え た 寂 然 独 の さ 独 白 え       
 つ   る 失 の る る る 鋭 に く る を の る   る く く る い す る く の と な 上 に に の る       
 い   虎 い 鋼 目 虎 虎 い は 爪 力 求 鋼 虎   虎 支 爪 力 巌 べ 虎 冴 夜 巌 虎 に 飢 う 天 虎   凍   
 た   は  `鉄 は は は 牙 血 を を め 鉄 は   は え を を の る は え に の は 天 え ち を は   え   
 魂   目 力 の 光 横 空  `が 立 ふ る の 金   天 た 立 ふ 上  `す 渡  °上  `を て 震 望 巌   る   
 は   を を 鎖 を た し 磨 滲 て り  °鎖 の   を そ て り に   べ っ   に   望  `え む の   虎   
 天   閉 失 に 失 わ く ぎ み  `し   に 鉄   望 の る し  `  て た    °  む    ` °上       
 に   じ い 繋 い り 吠 澄  `牙 ぼ   繋 格   む 体  °ぼ     を 空        °      に       
 昇   る  `が  ` `え ま   を り   が 子    °で   り     背 気                `      
 り    °  れ     る さ   立  `  れ の      `   `    負 の                       
  `      て      °れ   て     て 中               い 氷                       
          `      た    `     `に                `に                       
                 爪            `                 °                      
                 は                                                     
                 欠                                                     
                 け                                                     
                  `                                                    
                                                                       
                                                                       

あとがき(4)


                                                                 な     
                                                                 る そ   
                                                                 こ し   
                                                                 と て   
                                                                 を い   
                                                                 心 つ   
                                                                 か か   
                                                                 ら  `  
                                                                 願 こ   
                                                                 い の   
                                                                 ま よ   
                                                                 す う   
                                                                  °な   
                                                                   小   
                                                                   説   
                                                                   が   
                                                                   必   
                                                                   要   
                                                                   な   
                                                                   く