トップへ 小説の目次へ

  
写真(1)

だ ル ァ ┐ ┐ ┐ ┐ ┐ ┐自 素 ┐だ ┐話     だ   解 と な   し     け 何               °も ッ い 君 あ 芸 そ そ 分 人 そ よ 写 を 写 ・ °い き 思 い 孤 `ソ 今 よ を 公   こ         で 含 シ や は る 術 う れ で は う ね 真 思 真 ・   や 放 っ °独 目 フ 日 う ひ 園   こ         も め ョ `芸└ 写 `は 理 そ だ└ っ い 家 で   `っ て し が を ァ も と ろ の   数       写 `て ン そ 術   真 だ ┐解 れ ね   て 出 を は   違 て い ば 精 こ そ す っ 中   週       真 そ の `こ 写   っ ね 芸 で 一 °  素 し 目 あ   う く た ら 神 す ベ の る て で   間         こ フ 服 は 真   て└ 術 き 枚 そ   人 た 指 の   °れ の く を る ッ 夢 と い 一   ぼ         で ァ 装 難 を   本  └ な で れ   が °し 夢   こ な だ こ 蝕 °ド で 目 る 人   く   憂     あ ッ だ し 撮   当   な い 終 は   す   て は   の い が ん み   か 目 が の の   は   利     る シ け い り   に   の か わ 良   ご   い 何   気 の `な は   ら が 覚 か 男   同         程 ョ じ と た   あ   か も り く   い   る が   分 か 結 気 じ   寝 覚 め は が   じ         度 ン ゃ こ い   る   な し だ あ   写   仲 原   は も 局 分 め   起 め る わ 何   夢         有 写 な ろ の   と  └ れ か る   真   の 因   あ 知 こ か て   き た °か か   ば         名 真 く な└   思     な ら こ   撮   い な   の れ れ ら い   の °  ら を   か         に が ラ ん     う     い °と   っ   い の   夢 な は は る   重     な ひ   り         な 撮 イ だ    └     し そ だ   た   友 だ   の い 一 抜 の   い     い ろ   見         れ り フ °          ね の よ   り   人 °  せ °生 け か   体     °っ   て         た た ス 俺          └ 価 °  す   と     い   ぼ 出 も   を     声 て   い         ら い タ は             値 で   る   の     な   く せ し   起     を い   る         芸 ん イ フ             も も   ん   会     の   を た れ   こ     か る   °                                                                °           

写真(2)

を   暗   な た   て い で 分 ┐文 的 け つ   る を   湧 韻 の         る 口   軽     ┐術 そ こ い ぼ い 刺 先 は °も が 純 学 な て け ワ つ ま 今 水 を た ぼ そ ぼ 重 °に 折 く ぼ 駄 じ 写 ら う 部 く 脳 激 ほ い そ ぼ 一 文 賞 事 ま る も だ 日 の 残 び く う く い   く り 首 く 目 ゃ 真 す や 屋 は に が ど な れ く 番 学 に 情 だ 気 プ り 完 は よ し に は だ は 頭   わ た を は だ あ も ん っ を そ 鋭 `か い す に よ `出 か 完 に ロ だ 成 一 う て 心 何 `始 に   え た 振 つ °芸 撮 だ て 飛 こ く は ら ・ ら は く 芸 す ら 成 な に っ し 日 に 消 地 度 こ め 金   る み る き   術 る °い び ら 刺 っ チ ・ も こ 知 術 つ 今 し ら 向 た て あ ぼ え よ も の て 属   °テ °ま   写 よ そ つ 出 に さ き ク ・ ま れ っ└ も 年 て な か °い い く て い ジ 音 ジ の   火   と   真 う ん も し あ り り チ °だ 以 て 遠 り 中 い い お   な て の い 音 ッ だ ッ 澄   を ブ   う   て に な 目 た る 込 と ク   満 上 い す で に な °う   い い 心 く が ポ °ポ ん   つ ル   重   い な こ の °服 ん し と   足 の る ぎ い 完 い そ と   小 る に °四 を   の だ   け の   い   う る と 前   を で た 左   で も °る る 成 °の し   説 °し そ 畳 開   ┐音   よ 上   空   の か を に   引 く 現 側   き の こ ° °さ 生 作 た   を 予 み れ 半 け   音 が   う か   気   は も し あ   っ る 実 頭   る は ん 自   せ 活 品 が   書 定 わ は の て  └ 響   と ら   を   な し て る   か °の 部   レ 書 な 分   て と は `  き で た 暑 狭 は   を く   ジ 煙   振   ん れ い 現   け   痛 に   ベ け 作 の   純 い 六 ど   直 は る い い 閉   聴 °  ッ 草   り   な な て 実   て   み 感   ル そ 品 こ   文 っ 年 う   す 今 °夏 部 じ   い     ポ を   払   の い い か   そ   を じ   に う で と   学 た 以 も   日 日   の 屋 る   た     を と   お  └ └ つ ら   の   と て   達 に は は   系 現 上 手   に 一   日 に °  °    開 り   う       に 目   薄   も い   し な °自   の 実 か を   す 日   の 余 そ         け `  と                                                                            

写真(3)

  る   な   で     ふ が   間   っ   と で       何   ま         を い 通 る   状 な な ぼ と そ 気 ぼ 立 や 誰 り ら ぼ 違 こ た な `良 そ こ ぼ 台 し 通 ぼ あ 腕 ぼ 歩 つ り か ぼ 態 る っ く こ う 分 く っ は か か も く わ ん °ぜ 大 か の れ く も ば り く あ 時 く い の を も く を ん た は ろ だ に は て り が え と は れ な   か き ろ 道 じ は の ら を は `計 は て ま 進 わ の さ だ ら 題 が `浸 部 い そ 追 る 来 ま る と   ぼ な う を ゃ 突 車 く 歩 何 迷 を 立 い に む か 目 ら °現 名 あ 今 っ 屋 る こ い °た た の こ   く 家 と ず 今 然 が 歩 く と っ 見 ち た か °ら に に 何 実 も っ 度 て を だ に か   通 お で ろ   は が 左 い ま に 走 く こ な て る 止 °一 階 な は 悪 も を 知 た は 歩 飛 け は け   り か は を   楽 道 に ぶ で 嫌 る と と く し と ま   度 段 い 何 化 し 直 ら ら こ き び だ た て   へ し °誰   し を 曲 ん の 気 音 大 に 愉 ま 二 り   も を °も さ な 視 な 曲 の だ 出 °だ き   走 く   か   く ふ が 戻 気 が が き し 快 っ 時 `  来 の た 映 せ い す い が ま し し   大 た   り な   が   な さ っ っ 分 さ 聞 な た な た 間 ふ   た ぼ だ ら て と る 流 る ま た た   き ら   出 り   見   り い て た が し こ 道 °気 の 以 り   こ り 目 ず い い こ 行 こ 歩 °理   な 楽   し `  て   `で み と 台 た え 路   分 か 上 か   と `の `る う と 歌 と い   由   家 し   た 笑   い   笑 い た こ 無 °て が   に °も え   の 傾 前 ど だ こ が の に て   も   が い   °い   た   い た °ろ し   く 見   な   歩 る   な 斜 の こ け と で メ し 右   忘   道 の   角 を   ら   出 °す で だ   る え   り   い °  い を 角 を な は き ロ よ に   れ   を に   を こ   気   し   こ ` °  °て   `  て     細 お を 歩 の 結 る デ う 曲   `  ふ °  曲 ら   違   て   し こ       き   そ   い     い り 曲 い に 局 よ ィ °が   幸   さ     が え   い   し   進 こ       た   の   る     通 る が て °今 う を   れ   せ   い     り な   と   ま   む ら       °  ま   °    り °り い   の に                   `                                        `       

写真(4)

      ┐園   こ   だ の 帰   あ   る る   し   く     奮   ほ   十   ゃ   感   と す 口 い ま ぼ ! が そ と わ °散 り 微 る こ 何 く 何 い そ こ ぼ そ を ぼ う 右 字 結 な こ じ ぼ に れ 笛 つ さ く└ あ ん な か   歩 の 妙 よ れ の も も も の と く う 覚 く も に 路 局 い ん ら く し 違 で も か は   っ な ん っ   を お に う な 変 な 変 の 通 に は か え は 捨 行 に 誰 か な れ は よ っ 吹 ぼ °そ   た こ だ た   し ば 凹 な ん 哲 い わ だ り し 右 `た ど て こ ぶ と し こ `自 う て き く   の   °と °ぞ   て さ 凸 通 だ も `っ っ は た に こ °ち 難 う つ も ら と 思 分 °も な は   公     を   `  い ん の り な な 所 た た ぼ °行 れ   ら い と か す °を わ の   そ が こ   園     考   自   る が あ ` °い 々 も °く   こ な   も な 思 っ れ   思 ず 思   知 ら こ   の     え   由   子 そ る で 世 通 の の   の   う ん   選 °っ た 違   い 笑 い   ら 歩 に   中     な   な   供 こ ア も 田 り 民 も   思   と だ   べ   て °わ   つ 顔 つ   ぬ き 立   に     が   ん   が に ス こ 谷 だ 家 な   っ   決 な   る   た   な   く に き   顔 出 っ   駆     ら   だ   今 い フ こ を っ の い   て   め °  自   け   い   な な が   で し て   け     し   °  に そ ァ は 歩 た 庭 `  い   て     分   ど   ま   ん っ 素   口 た ・   こ     ば   つ   も う ル 世 け °に 陰   た   い     の   `  ま   て て 晴   笛 ° ・   ん     ら   ま   走 な ト 田 ば   木 気   と   た     自   何   `  ぼ し ら   は そ °  だ     く   り   っ 雰 `谷 ど   の で   お   の     由   と   す   く ま し   や う     °    歩   そ   て 囲 買 じ こ   生 も   り   で     に   な   ぐ   は っ い   め だ           く   う   き 気 い ゃ に   え な   素   左     軽   く   に   天 た こ   な `           と   い   そ `も な で   て く   晴   に     い   左   次   才 °と   い 人           公   う   う 犬 の い も   い 明   ら   行     興   の   の   じ   に   こ と                         °                                           

写真(5)

  が と   ┐は   ┐見   ┐う     い こ 拡   る の ベ   け な 似 考 し て     が 撮       男 聞 `ぼ は な 中 学 え 中 あ °ぼ 彼 と じ 散 ジ 連 指 ン ぼ じ °て え れ `夢 ぼ 走 っ 違 見 周 は こ そ く あ れ 年 生 な 肉 `  く は °ゃ し ッ 続 が チ く ゃ そ る て な い に く り て う つ り ぼ え の は `な 独 さ い 中 ど   は ぼ   ダ て ポ 音 シ に は な れ よ み い よ 出 は 込 い の け を く た 時 嫌 そ れ 特 ん °背 う   慌 く   メ し を が ャ 腰 ┐い に う る °い て 軽 ん る は た 見 を ° `気 の し の で   の も   て の   な ま 取 響 ッ を 林 °あ に と 現 よ き く で と 彼 °渡 撮   写 が よ く 厚 す   代└   て ほ   の い り く タ か ペ   の も こ 実 ぼ た 頭 き い が や す っ   真 さ う 話 か か   わ     ジ う   か `出 ° け ン   男 見 の 的 く 公 を た う カ っ ° て   の し な し ま└   り     ッ を   °心 し   を `キ   に え 公 に の 園 ふ の こ メ ぱ   い   シ て も か し     映     ポ ふ   狭 に `  押 男└   し て 園 考 頭 と り に と ラ り   た   ャ ベ の け さ     え     を り   い 染 蓋   さ の と   た く `え も 同 `気 だ を い   °  ッ ン で て を     の     ポ む   閉 み を   え 動 宣   っ る 知 て お じ 苦 づ け 持 た       タ チ す き 前     し     ケ い   ざ 込 開   る き 伝   て °っ あ か 場 笑 き だ っ °      を└ た 面     な     ッ た   さ ん け   た を の   何 心 て り し 所 す も °て         を 立   °に     い     ト °  れ で て   び 目 入   も の る え く だ る し 熱 お         切 と     出     中     の     た こ み   に で っ   拾 持 別 な な と °な 中 り         る う     し     年     中     空 な る   写 追 た   っ ち の い る 思   い し `        連 と     て     に     に     間 い °  真 う 黄   て よ 公 °の う   °て 写         続 し     `    し     し     で °音   を °色   る う 園 そ か な     ぼ 真         音 た     男     か     ま     な こ が   撮 彼 い   わ だ に う も ん     く を           °                                                             

写真(6)

┐  て し 知 て ┐  は 認 ┐彼 か ┐く 彼 ┐言 ┐ぼ す ┐  え 合 え   た 失 た ┐  ぼ で ┐ そ 彼 ね て れ い あ 彼 あ め 難 は└ 芸 態 は 何 葉 ぼ く み い ふ る っ て さ└ 礼 も す 男 く す 何 う は└ か て る る は る な し 腕   術 度 ぼ で を く は ま え と °た い っ   は の み は は か を で 自   ら い ん と 目 と い い 組   写 を く し 切 に ふ せ ` `  知 る き   承 で ま カ レ└ す す 嘲   こ た で 思 を 思 と 質 み   真 と の ょ り は と ん そ こ   性 °ま   知 撮 せ メ ン   る か 的   の ん す っ 開 い 言 問 を   と っ 自 う `わ 聞 で う の   の 男 で   の ら ん ラ ズ   ん └ な   あ で よ て い ま う で し   い て 尊└ 彼 か い し い 人   光 の の   上 ず °を を   で   笑   り す °い て す 意 す て   う い 心   の ら て た う も   と ぼ な   で に た お に   す   い   さ が こ る 屈└ 見 ね 目   も る を   目 な み└ こ 孤   で く れ   後 は だ ろ ら   か   を   ま ね れ か 託   の °を   の °尊   を い た   と 独   も を な   で い `し み   °   浮   で `で ら の   方 ジ つ   は   重   見 こ く   な な   い 見 れ   謝 ら あ た つ   い   か   す こ も 私 な   が ャ む   存   し   る と な   ら ん   え る し   る れ ま °け   き   べ   よ ん 昔 は い   多 っ   在   て   °が っ   °だ   る 目 さ   つ な り   た   な   る   °な は こ 笑   い ナ た   す   い     あ た   ど な   よ に が   も か に   °  り   °  色 こ 業 ん 顔   の リ °  る   る     る °  な と   う は 嘘   り っ も       失       々 と 界 な を   で ス     と   ら     ん     っ 感   な 感 の   で た い       礼       あ を で こ 浮   す ト     思   し     で     た じ   も 性 よ   や ん い       じ       り や は と か   が の     い   く     す     り た   の と う   り で 絵       ゃ       ま り 名 を べ   `方     ま   `   └     し °  が 溶 に   ま す だ       な       し 出 が し る   私 は     す   聞           て     見 け 消   し °っ       い               °                                                     

写真(7)

な ┐  る じ ┐子     ┐る   ┐  ┐        と に す     ぼ ┐た り   い ぼ ┐  し ぼ い 失 彼 瞬 瞬 私 供 彼 ぼ ┐ °ぼ ┐彼 何 ぼ い ぼ   考 落 ぐ 夜 も く す °囲 ぼ を く 君 彼 た く ┐礼 が 間 間 た に が く 時   く 時 が を く つ く   え ち ソ `う は み   み く 浮 は は は °は 時 し 話└ と ち 教 優 が└   は└ 顔 拾 が も が   て 込 フ ぼ 二 走 ま   始 は か 自 学 ぼ こ な └ ま を を は の え し 聞 で   遠 を を っ 彼 通 公   い み ァ く 度 り せ   め ま べ 分 生 く の ぜ が し 止 拾 二 生 る い き す   い 拾 あ て に り 園   た な は と だ ん   る た る が じ の 場 か 落 た め う 度 き よ 笑 返 か   意 っ げ い 聞 一 に   よ が ベ 家 こ し °  の 重 こ 恥 ゃ 目 合 ┐ ち ° `の と て う 顔 し└   識 て て る い 人 い   う ら ッ に こ た 急   を 苦 と ず な を 違 純 て 今 ぼ が 現 い に の て     の い 微 の て の る   な ま ド た に °ぐ   感 し し か い 直 う 文 い `く 私 れ る 説 ま い     な る 笑 で い 男 °  気 た の ど は   の   じ い か し で 視 と 学 た 私 の の な こ 明 ま る     か の ん す る が     が 同 上 り 来   で   `空 で く し す い└ の の 前 仕 い の し ` °    で で で か °何     す じ に 着 な  └   居 気 き な ょ る う と で 拾 の 事 の 時 て も       今 す い└   か     る 夢 倒 い い       た が な り う °の い す わ 何 な で の い の       日└ る     拾     °を れ た だ       た 自 か `└   に う °な か の す 流 る 分       は   °    っ       見 込 °ろ       ま 分 っ ひ     °言 過 け を で °れ °か       違         て       る ん 疲 う       れ の た き       葉 ぎ れ 拾 す そ の   り       う         い       の だ れ °      な 周 °つ       を 去 ば っ└ の 中   の       と         る       だ °き         く り   っ       思 っ い た   ┐で   悪       感         °      ろ 眠 っ         な を   た       い て け °  あ 同   い       じ                 う り て         っ 取   笑       出                                                                      

写真(8)

              た っ だ い   ┐ ┐      い   の   の   人 う         な   拾 っ に し           そ   °た の だ ぼ 純 芸 笑 ぼ そ が は か 彼 こ ぼ た こ そ 目   そ く だ う て 拾 ま           れ     °金 し く 文 術 い く う お っ °は と く ち と う が   れ な ん 人 る う っ           以     振 属 た は 学 な な は か 腹 き 有 芸 を の だ だ か 覚   か る だ も わ 以 て           来     り を °ま な ん が お `か り 名 術 ぼ 重 っ っ `め   ら °ん あ け 外 か           ぼ     切 は 試 た ん て ら も そ ら と 写 家 ん い た た そ て   夢   声 る で 無 ら           く     れ じ し お て く 口 い う 込 目 真 に や 頭 の の う `  の   が の な い で           は     た く に か く そ に っ だ み が 家 な り は か か だ ま   無   遠 で い の は           そ     °音 ジ し そ く 出 き っ 上 覚 に り と 写 ° °っ だ   い   く す 人 で 遅           の     情 に ッ く く ら し り た げ め な た 考 真   写 た 回   深   な が で す い           夢     緒 し ポ な ら え て 笑 ん て て り か え 家   真 の 転   い   り ・ も °の           を     不 か を っ え└ み っ だ く か た っ て を   家 か の   眠   `・ 偶 私 で           見     安 聞 開 て└   た た °る ら か た い 目   と °鈍   り   つ└ 然 の す           て     定 こ い `    ° °  °思 っ 訳 る 指   は 写 い   に   い   素 よ °           い     か え て 大             い た で °し   ┐真 頭   陥   に   晴 う 見           な     ら な み き             出 だ は   て   時 と で   っ   は   ら に つ           い     抜 い る な             す け な   い  └ は 考   た   聞   し 専 け           °    け °が 声             と な か   る   を そ え   °  き   い 門 た                 出 助 `で             `の っ   友   拾 う る       取   時 で と                 せ か た 笑             笑 か た   人   う い °      れ   を や き                                       °                             
トップへ 小説の目次へ ページの先頭へ


この作品は原稿用紙換算14枚です。