友人♪「RION」鶴田貴久(のりひさ)♪紹介

友達の紹介 トップ 小説

補)本文中の下線つきの文字をクリックするとそのページに移動できます

♪目次♪

   ・鶴田君のプロフィール
   ・鶴田君の自己紹介です(笑)
   ・「私から見た」鶴田君
   ・鶴田君と知り合ったきっかけ
   ・バンド「C'EST LA VIE」時代のCD情報(←クリックするとすぐ移動できるよ)
   ・「RION」の公式HPへ(ライブ、CD情報などの詳細はこちらへ)

♪鶴田君のプロフィール♪
1993年  ポップスバンド『FreeJack』(Vo 鶴田、G 鵜木、B 吉岡、Dr 仁)結成。
1993年  主に「ラママ」「新宿ジャム」「四谷フォーバレー」等を中心に活動。
1995年  オムニバスCDデビュー。同年、音楽性の違いから解散。
1996年  ソロボーカリストとしてジャズバンド、ポップスバンド等を転々とする。
1997年  アコースティックギター2本とキーボードで『GroovinGerden』(Vo 鶴田、G 川路、Key 戸村)結成。
1998年08月  大塚(B)、高橋(Dr)加入。

1999年02月  高円寺「Show Boat」で初ライブ。以降、新高円寺「リッツ」と交互にライブ活動を行う。
1999年07月  恵比寿「Guilty」でライブ。富川(Dr)加入。以降、毎月「Guilty」でライブ活動を行う。
1999年08月  大阪心斎橋「クアトロ」遠征。80名の観客動員。持参したテープ50本完売。不足分40本は郵送。
1999年09月  新宿「ロフト」でライブ。150名の観客動員。
1999年12月  山本(Dr)加入。

2000年08月  恵比寿「Guilty」にて多数の新曲発表と共に活動休止。
2000年09月  『C'EST LA VIE(セィラヴィ)』(Vo 鶴田、G 川路、B hiro_kz、Dr 石原)結成。
2000年10月  渋谷「TAKE OFF 7」にて初ライブ。『To Be Continued』の佐藤鷹さんから提供された曲2曲も演奏。
2000年11月  恵比寿「Guilty」にてライブ。CD3曲入り600円(CDR版)販売。

2001年01月  インディーズCDデビュー。1st Maxi Sg「C'est la vie(セィ・ラ・ヴィ)」
2001年02月  渋谷「ON AIR NEST」にてライブ。渡辺(B)加入
2001年04月  恵比寿「Guilty」にてライブ。鶴田君ライブの後女の子に囲まれてCDにサインしてた(笑)。
2001年05月  恵比寿「Guilty」にてライブ。何だか、お客さんのノリがものすごくて、めっちゃ盛り上がってた。
2001年06月  恵比寿「Guilty」にてライブ。新曲「ひまわり」が良かった。
2001年07月  四谷「フォーバレー」にてライブ。
2001年08月  四谷「フォーバレー」、神戸、地元鹿児島にてライブ。2nd.Maxi.Sg.「まっ。」発売。
2001年09月  高円寺「Show Boat」渋谷「club asia 」にてライブ。
2001年11月  高円寺「Show Boat」にてライブ。ハードなイメージだった。
2001年12月  渋谷「ON AIR NEST」にてライブ。 鶴田君の友達に小説の宣伝を手伝ってもらうことになった!

2002年03月  08日、高円寺「Show Boat」にてライブ。BOH(B)加入。24日渋谷「club asia 」にてライブ。
2002年04月  
2002年05月  高円寺「Show Boat」にて鶴田君の友人吉永幸一さんの2nd ALBUM「グローブ」発売記念。
2002年06月  高円寺「Show Boat」にてライブ。行けなかった(泣)。
2002年07月  恵比寿「Guilty」にてライブ。ストレスが吹っ飛んだ(笑)。やっぱ鶴ちゃんのライブは最高!(笑)
2002年07月  新宿「MARZ」にてライブ。新曲「青い空」っ最高! 声がすごい! 聴き終わって、マジ興奮した! 2002年12月  高円寺「Show Boat」にて、初アコースティックライブ。鶴田君の友人吉永幸一さんがトリ。

2003年01月  初台「The DOORS」にてライブ。宮良(B)加入。アコースティックバージョンもやりました。
2003年01月  吉祥寺「Planet K」にて、鶴田君と川路君二人だけでのアコースティックライブ。
2003年02月  渋谷「nest」にてアコーステックライブ。ライブハウスの地面に座って聴いていた(笑)。
2003年03月  初台「The DOORS」にてライブ。ベースのBOH君復帰! デジカメが壊れた(泣)。ショック(泣)。
2003年04月  高円寺「JIROKICHI」にて鶴田君のボイストレーナーさんの結婚記念ライブ。すごい人達も来てました(汗)。
2003年10月  1stミニアルバム発売!
以降、公式HPができました。
ライブ情報やCD情報、活動の記録などは下記公式HPへ。

●「RION」公式ホームページ●


♪鶴田君の自己紹介です(笑)♪
出身地:鹿児島 血液型:B 明るく元気な海の男
好きなボーカリスト:スティーブン タイラー[エアロスミス] 好きな食べ物ハンバーグ

♪「私から見た」鶴田君♪
 ルックスは写真を見てくれ(笑)。
 性格は優しくて気が利いて繊細。人当たりもいい。でも正義感の強いバリバリの熱血漢?(笑)。
『FreeJack』の頃は「上手いんだけどもう一押し」でもバラードは最高!
『GroovinGerden』では「ひとつ何かを突き抜けたのかな?」やっぱバラード最高。でも激しい方も最高!
『C'EST LA VIE』では鋭さと柔らかさが絶妙なバランスで同居。
『RION』ソロですし、1枚目のCDなど、ほぼ言うこと無しの良さです。

♪鶴田君と知り合ったきっかけ♪
 大学生とき高校の同級生から従兄弟のライブに誘われる。その従兄弟というのが鶴田君だった。
 鶴田君と『FreeJack』をすっかり気に入ってしまった私はライブがあると聞くと行くようになる。
 そして今に至る。
 余談ですが、その同級生とは「このHPについて」で書いた「凍える虎」を壁に張っていた彼のことです。


♪バンド「C'EST LA VIE」時代のCD情報♪

1st Maxi Sg「C'est la vie(セィ・ラ・ヴィ)」 (\1000)
Producer:佐藤鷹(To Be Continued) Vocal:鶴田貴久 Guiter:川路浩一
CD収録曲(曲名をクリックすると歌詞が見れます)
「現代自分勝手症候群(セルフッシュシンドローム)」
「Eternity」
「Hard Luck 」

「1st.Maxi.Sgの個人的感想」
 詩として読むと「Hard Luck 」がとても良いと思う。
 聴くには「Eternity」。
 私は彼の声に惚れてます(笑)。
 個人的には「ユメノカケラ」と「忘れられない」の二曲をCDにしてもらいたいんだけど(笑)。

2nd.Maxi.Sg.「まっ。」(\1000)
Vocal:鶴田貴久 Guiter:川路浩一
Maxing&Mastering Enginieer:坂本裕介(Key of Life)
CD収録曲(曲名をクリックすると歌詞が見れます)
「まっ。」
「ユメノカケラ」(中野工業高校での『オルゴール』映画化の際、エンディングテーマとして使用)
「more 」

「2nd.Maxi.Sgの個人的感想」
 うおおおおお!!!
 待ちに待った「ユメノカケラ」がやっとCDになった!!!
 この一曲を聴くためだけに買っても絶対損はしない!!!マジで!!!
 声もいい、歌詞もいい、曲もいい!!!
 これこそ「ボーカリスト鶴田貴久の真骨頂」!!!
 っても、他の二曲も良い。ってか、どの曲も1st.Maxi.Sgより百倍いい!!!
「ユメノカケラ」マジで、マジで、マジで、・・・っ最高!!!
 もし聴いて「良くない」って思ったら俺が定価で引き取る!!!
 でもそんなことは絶対にありえない!!!
 何故ならこの歌はマジで最高にいいから!!!
 徳永英明の「壊れかけのRadio」チェッカーズの「Room」「夜明けのブレス」「ミセス・マーメイド」以上に最高!!!
 さあ、次は「忘れられない」をCDに入れるんだ。鶴田君よ(笑)。

1st.ミニアルバム『You+I』(\2000)
Vocal:鶴田貴久 Guiter:川路浩一
CD収録曲
1.灰色の雨
2.No Way Out
3.終焉の子守歌
4.サボテン
5.忘れられない
6.まっ。(Techno Version)
7.Be Ambitious 〜You&I〜
8.好きv(Bonus Track)

「1st.ミニアルバムの個人的感想」
 うおおおおお!!!
 待ちに待った「忘れられない」と「Be Ambitious」がやっとCDになった!!!
 この二曲を聴くためだけに買っても絶対損はしない!!!マジで!!!

 「忘れられない」、これこそ「ボーカリスト鶴田貴久の真骨頂」!!! 「ユメノカケラ」でも同じことを書きましたが、俺的にはこっちの方がオススメです! でも、これはライブで聴いてもらった方が感動できると思います。あのうるさいライブハウスを静まりかえさせることのできる曲なんて本当に珍しいと思う。

 出版の話など影も形もなかった時、くじけそうになっていた時、「Be Ambitious」には、本当に励まされました。本当にくじけそうになっていました。涙を流しそうになりながら「頑張らなきゃ!」と歯を食いしばりました。言い過ぎかもしれませんが、もし鶴田君と出会ってなかったら、この曲に出会えてなかったら『オルゴール』という小説は、『星空マウス』という小説は世の中に存在していなかったかもしれません。出版の話が来る前にくじけていたかもしれません。この曲はそんな曲です。私の小説の読者の皆さんにも聴いてもいたいです。くじけそうになった時には、この曲を思い出してください。この曲はそんな曲です。

♪みんな!鶴ちゃんのライブに行こう!楽しいし、聴きほれるし、ノリノリになれるよ!♪

ページの先頭へ